青白い炎

111の日なので、999という数字の出てくる作品。

ナボコフ『青白い炎』。

999行にわたる長詩と、膨大な注釈。
という全体から成るミステリー(?)。
あるいは妄想話。

このHPで詳しく紹介されています。

『ロリータ』もいいですが、『青白い炎』もまた、違う地平を切り開いた作品。
ダニエレブスキー『紙葉の家』は、『青白い炎』がなければ当然、生まれていなかった。
スポンサーサイト