しあわせの書

マジシャンで推理小説作家の泡坂妻夫さん。
彼が書いた『しあわせの書』は、(作中に登場する本と同じ仕掛けが手元の本にもあるという)メタフィクションで、しかも仕掛けがあるという楽しい本。
紙の本ならではのトリックです。



あわせて復刊された文庫『生者と死者』も袋とじという仕掛け本。
短編小説の「消える短編小説」を読んだ後、ページを切り開くと長編ミステリーが姿を現す。

こういうタイプの実験も楽しいですね。
スポンサーサイト