スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アライバル

つい先日、テレビ番組で、芸人さんがおすすめしたことでまた話題になっている文字のない絵本。
ショーン・タンの『アライバル』。



ビデオで紹介するのがこちらの映像です。


スポンサーサイト

ヒア

今まで誰も読んだことがない文学
誰も見たことがないアート
まったく新しい哲学
がここにある!

というグラフィックノベル。
漫画という感じではありません。

今日発売の日本語版です。



ビデオで紹介するのはこちら。

リンド・ウォード

リンド・ウォード(Lynd Ward、1905年 - 1985年)は、アメリカ合衆国の版画家。

『神の僕』『狂人の太鼓』など、連続する木版画のみで物語を表現する「文字のない小説」を刊行しました。

版画のみの作品なので、洋書(原書)で買ってもいいかもしれませんが、日本の出版社からも翻訳(?)が出ています。



英語ですが、作者と作品を分かりやすく10分ほどにまとめたビデオがこちらにあります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。