ペドロ・パラモ

フアン・ルルフォ『ペドロ・パラモ』。

ペドロ・パラモという名の、顔も知らぬ父親を探して「おれ」はコマラに辿りつく。しかしそこは、ひそかなささめきに包まれた死者ばかりの町だった……。生者と死者が混交し、現在と過去が交錯する前衛的な手法によって紛れもないメキシコの現実を描き出し、ラテンアメリカ文学ブームの先駆けとなった古典的名作。

やや覚えにくい中南米系の名前が次々に登場するので、頭が混乱します。
ざっと読んでから改めて再読するか、メモを取りながらじっくり読むことをおすすめします。
紹介しているHPもいくつかあります。こちらも。

恋愛小説という主軸部分が素晴らしい。

スポンサーサイト